コンセプト

おもちゃでつなぐ人と人、人と地域

おもちゃは「子どもの遊び道具」としてだけではなく、子どもの心を育み、 コミュニケーションを育む
無限の可能性を持つものだと私達は考えます。

「おもちゃ」や「遊び」が持つ力を通して多摩地域を元気づけたい。
シニア世代、子育て世代、地域の幅広い年代の人々を巻き込み、つなげていきたい。
そんな想いから「たまオモチャ市」は生まれました。

出店者には多摩地域をはじめ各地で活躍するおもちゃの専門家「おもちゃコンサルタント」を中心とした
遊びのスペシャリストを招き、来場者に新しい楽しさを感じ、遊びを見つめなおすきっかけとなるような場をつくります。

また、多摩地域で活動をすでに始めている人はもちろん、場所、機会を求めている人、
始めたばかりの人にも参加を呼びかけ、地域貢献、地域デビューのきっかけづくりを行います。

多摩地域に住む人の活動を知り、その場に集ったみんなで楽しい時間を共有することで
「この街に住んでて良かった」と思ってもらえるような、"作り手、売り手、広め手の顔が見える市"を目指します。

モノ・コト企画    


ページの先頭へ